農園について


島次郎農園は、2011年夏に茅ケ崎市の北部、緑豊かな里山が広がる芹沢という地域に、新規就農しました。
とある農家でアルバイトをしていた時に感じた、農業ってカッコいい、そんな憧れが出発点です。

大切にしていることは、‘人にやさしく 自然にやさしく’。人も虫も草木も動物も、より多くの生き物が共存できるような畑をつくりたい。

安心、安全というための有機・自然農法ではなく、その力は小さいかもしれないけれど、
生物多様性を守るための無農薬、無化学肥料栽培を行っています。
栽培品目は、露地多品目。1年を通して、旬の野菜を作り続けています。

食べると、なんか元気が出るような、そして人や自然にちょっとやさしくなれるような、そんな野菜をお届けできたらと思います。

憧れで始めた農業ですが、周りの後継者不足はここ茅ケ崎でも大きな問題となっています。
農業が衰退すれば、畑だった場所も資材置き場になったり箱モノができたり、どんどん自然がなくなってしまいます。

後世に豊かな生態系を引き継ぐ為にも、国産、それぞれの地元産、もしくは島次郎産を手に取って頂けたら幸いです。

 

 

DCIM100GOPRO

 

 

 

代表者プロフィール


豊島 亮太、1984年12月生まれのAB型。1歳の頃に茅ケ崎に移住。市内の中学を卒業後、慶應高校に進学。
慶應大学では商学部に入り、環境経済学を学ぶ。音楽とお酒が大好きです。もとラガーマン。1児の父。

 

shima自己紹介