11月号 ~鎌切~


 

こんにちは!

カマキリの良い写真がとれました。少々まだ怖いですが、自分が一番好きな昆虫です。頭も良さそうで、何か近くで話しかけていると、どことなく理解しているような素振りを見せてくれます。けっこう大きな昆虫をムシャムシャと食べているシーンを見かけると何か自分も食べられちゃいそうな気がしてきますが、何か、カッコいいなぁと思ってしまいます。
日本語だと鎌で切る、ですが英語だとpraying mantis(祈りをささげる預言者)、中国ではとうろう拳、なるものもありますね。世界中のみんなも、見逃せない昆虫だという事がわかります。しかも何と、白亜紀から生息しているという。。。
地球上での大先輩でもあるという事か。

 

 

ところで、野菜の状況は。

10月の台風はかなりきつかったですが、去年と比較すればそれ以上の生産技術の向上が、少しは上回ってくれそうです。

雨や曇天が続くと、虫も増えます。なぜか(仮説ですが)、、、
根から吸い上げた栄養が、光合成を経て葉っぱから出て行かないと、葉っぱにある栄養が滞留してしまいます。そしてその栄養の匂いなのか味なのか、芋虫達が好きな何かが増えて、葉っぱがたくさん食べられてしまいます。
うちの今年の畑は、例年よりやや遅い、10月中頃よりこれら芋虫たちが増えてきました。曇天が続いて2週間ほどたったころからです。
まだまだ確立されていない有機農業、自分で感じた経験と確かな知識を毎年積み上げていきたいと思います。

台風のせいで、、、
今年はネギが不作になりそうです。こんなに大きくなってその風じゃ、折れちゃうわ!