8月号 ~乙な~


こんにちは

曇天が続いていますね。カンカン照りが続くよりは自分としてはかなりのヨイ天気という日々です。

今年も失敗した7月中下旬に収穫する枝豆にリベンジすべく、10月取りの枝豆をまくことができました。播種時期は7月末からの10日ほどしかないこの地域での枝豆抑制の作型。雨がなくて高温が続けば発芽すらせずに無駄になってしまう可能性があったため、短い播種適期の間雨が降らなければ素直にあきらめようと思っていましたが、天候に恵まれ、まくことができました。それにその天候の中、そのタイミングでの援農、品種は今年の最初6月上中旬に出荷した『おつな姫』です。美味しい枝豆がとれますよーに!

ツルムラサキはこんな風にできてます(下の写真)

この先っぽ20センチぐらいを手でサクッとおって収穫しています。夏の葉物は、モロヘイヤ空心菜同様に、冬の葉物よりもビタミンミネラルに優れているので、夏バテにとっても効果があるはず、、、!

 

見えますか??青大将が5メートル程の低木に登ってました、蛇ってあんなに高くまで行くんですね、ヤマカガシも畑の周りによくいるので、頭上にも注意して行きたいと思います。

 

ちょうどこの時期はナスも一回お休みの剪定、枝や葉っぱをある程度落として、肥料をがっつりやって、また秋に向けての準備です。