7月号 ~田んぼ~


梅雨が久しぶりに梅雨らしい季節を迎えていますね。6月頭には空梅雨予報が出ていて、つい一昨日までの予報でも来週からはずっと晴、なんて予報でしたが、今日からの予報ではまた来週いっぱい曇りか雨予報。

天気予報って、今の技術ではまだまだかなり難しいんだろうなぁと、農業を始めて良く天気をチェックするになって改めて思う次第です。

そんな中でもぐいぐい伸びるのが雑草。今年はついに禁断の田んぼに手を出したせいもあり、草管理が追い付いてません、ジャガイモも掘り切れてない、、、田んぼは無農薬じゃなくてもいいかも、なんて囁きが風に紛れて聞こえているような幻想を感じながらの、田んぼの除草風景です。

 

 

 

まだまだ少しですが、ポポーという果樹を作っています。

収穫後の日持ちがおそろしくしないため、あまり産地化もされていない所謂幻の果樹と言われています。

作りやすいことはつくりやすいので、家庭菜園や大きな庭があるお宅ではたまに植えられていたりします。種からだと実がつくまで大体6年ぐらいかかるみたいなので、二年生の木を毎年買い足したり、知り合いの方のお宅の木を分けて頂いたり、今では8本のポポーが僕の畑では育っています。

そんな中でも知り合いのお宅から頂いたものはもう10年ぐらいたっているもので、今年もこんな実がついています。じつは去年も実をつけたのですが、その旬があまりにも早く、見逃してしまって気づいた時にはすべて地面に落ちて腐っていました。(泣)まだ実をつけているのはこの一本だけですが、今年こそは味わってみたいと思います。そしてゆくゆくは、加工品として形を整えて、皆様にお届けできたらと思います。